平成30年 ひきこもりサミット in あおもり ゲストメンバーの紹介(その1)

ゲストメンバーの紹介1

 2018年8月2日~8月3日に開催を予定している、ひきこもりサミット in あおもり(青森さくらの会/ピアカフェ夢こもり共催)に来場するゲストメンバーの紹介。

宮武 将大 (みやたけ しょうた)

ひきこもりサミットinあおもり コメンテーター 宮武将大氏

一般社団法人hito.toco 代表理事 宮武 将大
1985年生まれ 香川県生まれ香川県育ち
 
 12歳の小学6年生の時に不登校になり、そのまま20歳
までひきこもり生活を送る。28歳で就職し、働く傍ら
ひきこもりの当事者や経験者と自助グループを立ち
上げる。2016年に法人化し、一般社団法人hito.tocoを
設立。

香川県を拠点としてアウトリーチによる相談支援や研修会の開催、講師活動等を行っている。不登校・ひきこもり支援のほか、多種多様な若者を対象としたコミュニティづくりを四国4県で行うなど、活動は多岐にわたる。2018年4月には障害のある方の就労支援サービス、7月には生きづらさを抱える方の居場所を開所。不登校、ひきこもり経験を活かし、その人自身が持っている本来の力を信じて社会とつなぐ活動を目指す。親と子ども、子どもと先生等、「価値観」のせめぎ合いの中で日々支援活動に奔走している。


割田大悟(わりた・だいご)

ひきこもりサミットinあおもり ゲストメンバー 割田大悟氏

神奈川県在住。20代後半。

 小学校時代にいじめを経験。漠然とした生きづらさが続き、大学在学中に精神疾患を発病。短期間のひきこもり状態を繰り返す。その後、福祉系大学へ編入し、ひきこもりについて学ぶ。

現在はピアサポートの普及啓発に注力。『ひきこもり当事者グループ「ひき桜」in 横浜』、当事者向け学習会『ひきこもりピアサポートゼミナール』、ブログ『ひきこもりピアサポート日記』を運営。ほか多方面で活動。


にわゆうき(活動名)

ひきこもりサミットinあおもり ゲストメンバー にわゆうき氏

大学4年の時に卒業に失敗、ショックで半年ほどひきこもる。
そのあと無事メーカーに就職を果たすも広汎性発達障害が発覚し、自助会などの助けを得ながら続けるも10年に届かず退社。
旅が好きでゲストハウス・シェアハウスなど各地を転々とするも、現在は実家(東京)に落ち着いている。
数年前からひきこもりの人たちと関わるようになり、自分自身の経験と、ひきこもり当事者たちの感性とムーブメントの可能性にひかれて一緒に行動するようになる。

現在は東京都文京区でひきこもり当事者研究「ひきとけん」を主宰。


今昭王(こん あきお)

ひきこもりサミットinあおもり ゲストメンバー 今昭王氏

歌う社会福祉士。現在34歳。北海道札幌在住。
親が転勤族だったことも影響してか小学生の頃はクラスに馴染めなかった。 中学生になった12歳の頃(1995年)、教師と合わず不登校になる。複数のフリースクールへも通うが居場所が見つからず、22歳までの約10年間(1995~2005年)ひきこもりを経験。 不登校・ひきこもりの当事者会での関わりがきっかけで、高校へ復学。福祉系の大学にも進学し卒業する。大学を卒業後、福祉施設へ就職。就職と失業を何度か繰り返している。現在の仕事は1年半ほど続いている。 お仕事は続いているが、土日等の休日家から出ず人と会わない土日限定ひきこもりは継続している。 2015年から、ひきこもりの時、夢中になっていたギターを持ち福祉施設へ訪問したり地域のお祭りにて演奏する活動を始めている。


泉翔(いずみ しょう)仮

ひきこもりサミットinあおもり 泉翔ゲストメンバー 氏

1987 年生。大阪府生まれ 元ひきこもり当事者。 NPO 法人ウィークタイ代表理事。 いわゆる”社会復帰”の後にも抱え続けることになる「生きづらさ」にフォーカスし、 平穏で安定した生活の維持継続を目的に居場所づくりや自助会、共助会等の活動をしている。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする